微 分析 文

びぶんせきぶん

クレジットカードが突然使えなく(利用停止に)なった話

credit card

VISAのViewカードを使っていただが、急に利用停止になってしまった。決して代金の支払いが遅れていたり利用限度額に到達した訳ではない。Googleで検索してもあまり事例がなかったので、利用停止から復旧までの流れをまとめる。

利用停止は突然に

最近新しい音楽を聞いてなかったのでiTunesで買うことにした。アルバムで一気に買うのではなく気になる曲を1つずつ買うパターンで。
検索しては250円支払って購入する事を何度か繰り返していた。すると10曲くらい買ったところで突然購入エラーとなった。iTunesには「登録情報を更新して下さい」といった内容が表示された。あれーーと思いつつクレジットカード情報を入力し直して完了ボタンを押したがエラーは出たまま。どうやらクレジットカードが利用停止になったようだ。
困ったのでGoogleで検索してみた。ただ、検索しても代金未払いや利用限度額到達による停止といった内容ばかり。 上にも書いた通り、代金未払いや利用限度額到達という事は有り得なかったので、とりあえずクレジットカード会社に電話する事にした。

クレジットカード会社への連絡、そして復旧

クレジットカードの裏面を見たらViewカードの連絡先が書いてあった。そこに電話をした。
自動音声で問い合わせ内容を選択したらオペレーターにつながったので、「iTunesで買い物をしてたらクレジットカードが使えなくなりました。原因を教えて下さい」と伝え、カード番号・名前・住所・電話番号といった本人確認が済んだところで専門担当者に繋げてもらえた。
専門担当者曰く「不正利用の疑いがあった為、利用停止となりました。」とのこと。 おそらく250円を10回も購入したからだろう。ただ念のために「不正利用検知はどういう場合に作動するのですか」と聞いてみたらそれにはお応えできませんと言われてしまったが、検知仕様が広まってその隙をついて利用されたら元も子もないのであたりまえだと思った。
5分程まっていればそのまま専門担当者の方で復旧手続きをしてくれるとの事だったのでお願いして5分待った。 待ってからiTunesで音楽を購入したらそのまま購入できた。

クレジットカードに不正利用検知の機能があるなんて知らなかったというか考えた事もなかった。そういう機能があってちょっと安心した。
ちなみに250円の曲を40曲ほど購入しました。